日本語以外の語学に対する関心が高まっています

グローバル化がますます加速する中で、日本語以外の語学に対する関心が高まっています。
しかし、人気が集中しているのは、主として、当該語学を習得することで就職活動に便利だとか、ビジネスで必要といったように、功利的な目的があるようです。


しかし、語学の習得は、当該国に親近感を持つためにはぜひ必要な過程です。

もちろん完全には理解できなくても、どこの国の語学でもその表面を少し学習するだけで、その国が身近に感じられるようになるから不思議なものです。

また、だれもが学習しているような語学ではなく、国内では比較的マイナーなものに属する語学を学習することは、異質な体験をしているようで、学習自体に魅力が出てくるものです。

ベトナム語もその1つです。ベトナムオフショアをお探しの方へ。


ベトナムオフショアが絶対見つかります。語学の中には、比較的発音がしやすいものもあるので、そのような場合には、文法をある程度マスターして、決まり文句を覚えておけば、片言でも、ネイティブの方とやりとりができるものです。
しかし、ベトナム語は発音が難しい方に入るために、単に文法をマスターするだけでは足りません。



できれば、その学習には、ネイティブの力を借りたいものです。


そこで、ベトナム語に関しては、書籍についているCDを徹底的にマスターすることから、まずその難しい発音に慣れることが大切になります。その発音に慣れたら、実際の会話速度でベトナム語を聞き流すことで、ベトナム語の音に慣れましょう。

その場合、オンラインには、毎日更新されるベトナム人向けのインターネット放送があるので、それを毎日少しずつ聞いていくのも手です。
ベトナム進出にはとてつもない魅力があります。



ベトナム進出における戦略的パートナーです。

ベトナム語が難しいと感じるのは、ベトナムの発音が分からない面も大きい。
それは、単に口の形という以前に、日本語とは根本的に発声方法が異なっている面があるためです。



他方、北部と南部で発音がやや異なっています。北部が標準的なものなので、まずは北部発音のニュース音声を中心に聞き取り、そして南部の庶民の会話を理解するようにすると、ベトナム語全体に精通しやすいです。